常に移り変わり、二度と同じ光景が見えない自然の姿に、儚くも美しい魅力を強く感じる。それは太陽や雲、風などの条件が揃って初めて姿を現す。例えば、虹もそうである。雨が上がって太陽が射し込むと、もしかして虹が出るのではないかと空を見てしまう。「Ripple」の空間はそれである。太陽の光が届き、風が吹いたとき、空間に光の波紋を生み出す。パイプから落ちる光の現象が床に姿を現し消えゆく様子は、水面に滴が落ちて広がっていくような、自然の光景を想起させる。私が目指したのは、空気感の漂う建築空間による新たな光景の創造だ。ここではゆっくりと静かな時間が流れる。

Ripple

001.jpg
011_b.jpg
015.jpg
022.jpg
025.jpg
EXHIBITION :  Doctoral Program Final Exhibition 2020
VENUE :  TOKYO GEIDAI
MATERIAL :  Architecture / Wood, Plasterwork 
                             Phenomenon / Acrylic pipe, Prism, Polycarbonate seat
SIZE :  Area  / 95 Square meter,   High / 4m
PHOTO :  © Nacása & Partners Inc. Futa MORIISHI
VIDEO2 : Shot and Edited by: Yukihide Nakano 
MODEL :  Manami OKA
DATE :  12.10. 2020 – 12. 20. 2020

© 2018 TakaToku Nishi

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now